〒241-0821
神奈川県横浜市旭区二俣川1丁目45−37 オリオン二俣川

電話マーク

お電話

メニュー

坐骨神経痛 イメージ
見出しアイコン

坐骨神経痛

下半身の痛みやしびれは、
坐骨神経痛が考えられます

加齢にともなって背骨が変性してくるため、中高年以降の方に坐骨神経痛は発症しやすいといわれています。
しかし、座っている時間が長い場合や、運動や肉体労働で腰に負担がかかっている場合は、どの年代でも坐骨神経痛を生じる可能性はあります。

神経痛はどこで神経が圧迫、刺激されているかを理解することが大切です。
坐骨神経は、身体のどの箇所で障害されやすいのでしょうか?

ここでは、坐骨神経痛の主な原因と症状の特徴、日常で行える改善・予防法を詳しくご紹介していきます。

目次

このようなお悩みはありませんか?

こちらのページは、次のようなお悩みのある方に向けて書かれています。

  • 長時間座っていると、お尻がジンジンと痛んでくる
  • 太ももが痛むため、前屈みで靴下をはけない
  • 長い距離を歩いていると、足全体が痛んでくる
  • なぜ坐骨神経痛になっているのか、原因がよくわからない
  • 坐骨神経痛といわれたが、どんな対策をすればよいのかわからない
  • 坐骨神経痛に効果的なストレッチ方法を知りたい

坐骨神経痛の
原因と症状を確認しましょう

坐骨神経痛の主な原因について

坐骨神経痛は、お尻から足にかけて生じる、痛みやしびれなどの総称を指します。
何かの病名というわけではなく、腹痛や頭痛と同様に、症状を表した言葉です。

末梢神経の中の「坐骨神経」が何らかの原因で圧迫、刺激されることで、症状が生じると考えられています。

 

【坐骨神経とは】

坐骨神経は、腰椎や仙骨から枝分かれした末梢神経です。
梨状筋の隙間を通って骨盤後方に出たあと、太もも裏側を走行します。

そして膝の上あたりで、脛骨神経(ふくらはぎ)総腓骨神経(すねの外側)の二手に分かれて、足裏や足の甲、足趾までを支配しています。

長さは約1mあり、末梢神経の中で最長とされます。
また太さも、一番太い箇所でボールペンの直径ほどあり、非常に太くて長い神経といわれています。

 

【坐骨神経痛の主な原因】

坐骨神経が圧迫、刺激されるのは、「背骨の問題」や「筋肉の硬さ」がおもに挙げられます。

●背骨の問題

・ヘルニア
椎間板の線維輪に亀裂が入り、中からゲル状の髄核が飛び出したものをヘルニアといいます。
飛び出た髄核によって坐骨神経が圧迫、刺激されると、坐骨神経痛の症状を生じる場合があります。
中腰作業や重たいものを運ぶ肉体労働、長時間のデスクワークなどが、椎間板に負担がかかる原因に挙げられます。

・脊柱管狭窄症
背骨後方にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなったものを脊柱管狭窄症と呼びます。
脊柱管が狭くなるのは、加齢にともなう脊柱の変性(靭帯の肥厚、椎間板の変形など)が主な原因に考えられます。

●筋肉の硬さ

骨盤後方を横に走行する「梨状筋」の緊張が強まり、坐骨神経が圧迫、刺激されることがあります。
正式には「梨状筋症候群」と呼ばれます。
長時間の座り姿勢や運動(ランニング、スイング動作)でのオーバーユースなどで梨状筋に疲労がたまり、筋肉の硬さに繋がると考えられています。

坐骨神経痛の主な症状について

坐骨神経痛には、次に挙げる症状がみられることがあります。

 

●下半身の痛み、しびれ

お尻から太もも裏側、ふくらはぎ、すね、足、足裏に生じる、痛みやしびれが坐骨神経痛の特徴的な症状です。
これらの箇所が全体的に痛む場合もあれば、どこか一部だけに症状が起こる場合もあります。
また、痛みやしびれの感じ方も、患者様によって個人差があります。

・腰を動かすと、太ももに突っ張ったような痛みが生じる
・歩いていると、すねにピリピリとしびれる感覚がある
・安静にしていても、足やふくらはぎに強い痛みがある
・足裏の感覚が鈍い
・足全体に灼熱感がある

これらのような症状例が挙げられます。

●原因ごとの症状の違い

背骨の問題や筋肉の緊張など、原因によっても症状の出方に特徴があります。

・椎間板ヘルニア
腰部を前屈すると、痛みやしびれが誘発されることがあります。
前屈みによって、髄核が後方に飛び出しやすくなるためです。

・脊柱管狭窄症
腰を後ろに反らすと、症状が悪化することがあります。
後屈によって、脊柱管がより狭くなるためです。
また、歩行によって下半身の痛みやしびれが生じ、座って休むと症状が落ちつく「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」は、狭窄症の特徴的な症状です。

・梨状筋症候群
「自分で股関節を外側に広げる」または「人に股関節を内側にひねってもらう」と、症状が引き起こされることがあります。
梨状筋を収縮させたり、引き伸ばしたりすると、その分坐骨神経の圧迫が強まるためです。

脊柱管狭窄症加齢の影響が考えられるため、中高年の方に多くみられます。
一方のヘルニア梨状筋症候群は、スポーツや肉体労働などでの負担が考えられるために、若い年代の方に発症しやすい傾向があります。

●歩行障害、膀胱直腸障害

神経圧迫が進行すると、足に力が入りにくくなる「歩行障害」や、排尿や排泄が困難になる「膀胱直腸障害」を引き起こすことがあります。

坐骨神経痛の症状を
改善・予防する方法

坐骨神経痛への対処法

坐骨神経痛を放置して、歩行障害や膀胱直腸障害などを起こすと、最悪手術が必要になる場合もあります。
次のような対処にて、早めの改善を目指しましょう。

 

●温める

身体を温めて、血行を促すことにより、痛みやしびれの軽減が期待できます。
具体的には次のような方法があります。

・ホッカイロ、ホットパックを当てる
腰部やお尻を中心に、症状が出ている箇所を重点的に温めましょう。
当てっぱなしにして、低温火傷を起こさないようにご注意ください。

・入浴する
疲労が溜まったり、筋肉の張り感が強かったりする場合は、湯船に浸かることをおすすめします。
少しぬるめのお湯にじっくり浸かるようにすると、身体を芯から温められます。

●お尻のセルフマッサージ

仰向けに寝て、お尻の下にテニスボールを置きます。
そのまま自分の体重を利用して、お尻の筋肉をほぐしていきましょう。
足はカエル足のように外側に開くと、お尻の緊張が緩んで、より深部の筋肉までほぐすことが期待できます。

●ストレッチ

ストレッチによって、背骨周辺やお尻の緊張を緩めましょう。
30秒ほどかけて、ゆっくりと伸ばすことがコツです。

・お尻のストレッチ
①椅子に座り、左膝の上に右足の外くるぶしを置く。
②背筋を伸ばしたまま、上体を前に倒していく。

お尻の筋肉をストレッチできます。
反対側も同様に行ってください。

・太もものストレッチ
①椅子に座り、片膝を伸ばす。つま先は立てるようにする。
②背中を伸ばしたまま、つま先に向けて上体を前に倒す。

太もも裏側からふくらはぎの筋肉を伸ばせます。
左右バランスよくストレッチしましょう。

・腰部のストレッチ(狭窄症用)
①仰向けに寝て、両膝を曲げて両手で抱えるようにする。
②背中を丸めるようにする。

狭窄症の方に有効なストレッチです。

腰の筋肉をストレッチできます。
ただし、ヘルニアの方は悪化する場合があるため、お控えください。

坐骨神経痛の予防方法

神経痛の症状が落ち着いたら、今度は日頃のケアで再発を防止しましょう。
次のような対策方法が挙げられます。

 

●身体を冷やさない

身体を冷やすと血行が悪化し、神経痛を引き起こす場合があります。
「レッグウォーマーを着用する」「レギンスやスパッツを履く」「膝掛けをかける」などして、下半身をなるべく冷やさないようにしましょう。

●姿勢の改善

背骨は横から見ると、S字になっていることが理想です。
首と腰部が軽くカーブすることで、上半身にかかる負担を分散しています。

背骨のバランスが崩れて、猫背やそり腰にならないように、日常では次のポイントを意識して姿勢を改善しましょう。

・顎を軽く引いて、背中を伸ばす。
・下腹部に意識を置いて、骨盤を立てるようにする。

また、デスクワークでは前屈みにならないように、机や椅子の高さも調整してみてください。

●同じ姿勢を続けない

座った姿勢が長く続くと、腰椎やお尻の筋肉への負担になるといわれています。
デスクワーク中でも、30分〜1時間を目安に休憩を入れてください。
休憩中は、室内を軽く歩いたり、ストレッチしたりするなど、こまめに身体を動かすようにしましょう。

●ストレッチ

お尻や太もも、腰部のストレッチは、普段も継続するようにしましょう。
そのほか、不良姿勢(とくにそり腰)の改善には、腸腰筋のストレッチが有効とされます。

①右足を前に踏み出し、左足は後方に伸ばして膝を床につける(足を前後に広げた状態)。
②背中を伸ばしたまま重心を前に移動して、左足の付け根を伸ばす。

反対側も同様に行います。
呼吸をしながら、ゆっくりと伸ばすようにしてください。

●適度な運動をする

運動不足は、身体の柔軟性が低下し、血行の悪化につながる場合があります
ウォーキングジョギングラジオ体操水泳など、適度な全身運動を習慣にしましょう。

二俣川ふれあい接骨院の
【坐骨神経痛】アプローチ方法

坐骨神経は腰から足にかけて伸びる神経で、手の親指と同じぐらいの太さのある人体の中で最も太い末梢神経です。
そのため、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症でなくても、筋肉自体の硬さ骨盤のゆがみによっても症状が引き起こされる可能性があります。

当院では原因と考えられる筋膜・筋肉を指圧ストレッチ正常な状態に戻すようにアプローチを行います。
神経症状が強い場合にはハイボルテージで筋・筋膜を緩め、神経の興奮を抑えることで症状の緩和を促していきます。

著者 Writer

著者画像

ナカソネ カズマ

仲宗根 数馬
所有資格:柔道整復師
生年月日:2月22日
血液型:A
出身:神奈川県横浜市
趣味:映画鑑賞・筋トレ
得意な施術:筋膜リリース

◆ご来院されるお客さまへひとこと
痛みを根本的に改善させるためには、日々の生活の中で痛みの原因となっていることを把握して対処していく事が必要になります。
ひとりひとりの話をしっかりと聞き、原因を探り出して根本改善を目指していきます!

MEDICAL

筋膜リリースアイコン

筋膜リリース

骨格調整アイコン

骨格調整

保険施術アイコン

保険施術

手技療法アイコン

手技療法

深部整体(ベーシックコース・アドバンスコース)アイコン

深部整体
(ベーシックコース・アドバンスコース)

自律神経内臓調整コースアイコン

自律神経内臓調整コース

フットリリースアイコン

フットリリース

交通事故施術アイコン

交通事故施術

ABOUT US

二俣川ふれあい接骨院

住所

〒241-0821
神奈川県横浜市旭区二俣川1丁目45−37 オリオン二俣川

最寄駅

二俣川駅 徒歩5分

駐車場

なし

9:00〜12:00 - -
14:00〜19:30 - -
9:00〜16:30 - - - - - -
お電話でのお問い合わせ

045-459-6463

 
LINE予約24時間受付

BACK TO TOP

施術案内アイコン

施術案内

ライン予約アイコン

ライン予約

お電話アイコン

お電話

アクセスアイコン

アクセス

メニュー